Special Page|Sales
営業スタッフ スペシャルページ

幅広い層のお客様に、常にベストな「満足」をご提供し続けるために、私たちはスキルを磨くのです。

Special Interview

ダイハツ北海道販売株式会社【営業スタッフ】をご紹介するスペシャルページです。各拠点(店舗)で活躍中の「営業スタッフ」へのインタビューをお届けします。中堅から若手と呼ばれる世代の社員たちは、仕事に何を感じ、どのようなことに悩みながら成長を果たしているのでしょうか。

営業スタッフ インタビュー

Special Interview 01営業の仕事のポイントとは!?

岩見沢店 カーライフアドバイザー 係長 嵯峨 大太

岩見沢店 カーライフアドバイザー 係長 嵯峨 大太

男女を問わず幅広い年齢層のお客様が
対象となるところが魅力です。

ダイハツ北海道販売が扱う車種は、男女の区別なく、幅広い年齢層を対象に販売を行うことができます。軽自動車をメインカーとしてお乗りになるお客様や、セカンドカーとしてご購入になるお客様、あるいは「営業車」の用途に、企業などの法人がお客様となる場合もあります。もちろん「買っていただく努力」を怠ることはありませんが、客層の幅広さが当社での営業の仕事の魅力のひとつだと考えています。

「即決」されるお客様が多い分、
私たちはスキルを磨く必要がある。

当社の営業スタイルで特徴的なのは、お客様の「ご来店」が多いという点。しかし、同じように「いらっしゃいませ」とお客様をお迎えする一般的なショップと比較したとき、意識の持ち方や危機感が違うと思います。高額なお買い物を考えていらっしゃることから、ささいなことでもお客様に不安を抱かれてしまっては商談が成立しなくなります。常に「ベストをご提供することが重要」と意識しながら仕事に臨んでいます。

Special Interview 02好調な時期、何をやっても結果が出ない時期両方の経験を後輩に伝えていきたい。

南店 カーライフアドバイザー 係長 丸亀 浩嗣
1999年入社/大原簿記専門学校 卒

南店 カーライフアドバイザー 係長 丸亀 浩嗣

2013年に係長となりました。実質的には、店長に次ぐポジションです。責任ある立場に立つとより一層、拠点(店舗)の営業活動は「チームプレーである」と強く感じます。もちろん、営業の仕事は販売して終わりではありません。サービスの力も借りながら、その後のアフターフォローを継続していくことになりますので、むしろ「販売がスタート」と言えるのかもしれませんね。そうやってチームで目標を達成したときの喜びは、とても大きいものです。

今でこそそういったお話もできるようになりましたが、私自身の経験の中には、チームに貢献できなかった時期もありました。入社後2、3年の間は営業成績も好調でしたが、その後の数年間は鳴かず飛ばずで、宙ぶらりんな状況が続いてしまいました。周囲の皆に随分と「迷惑を掛けた」ことも。ですが、そうした経験があるからこそ、今では後輩たちに「お客様への先入観を捨てること」や「会って話すことの大切さ」を伝えられるのだと思っています。

Special Interview 03百万円を超えるクルマを、自分が売って良いのか? と、2、3年は迷っていた。

苫小牧店 カーライフアドバイザー 主任 古川 浩一
2008年入社/北海学園大学 卒

苫小牧店 カーライフアドバイザー 主任 古川 浩一

入社したばかりの頃のことを思い出してみると、真っ先に思い出すのは「土・日が休日の仕事に憧れていた」ということでしょうか。今となっては、火曜日が定休日というのは、とてもありがたいですね。仕事のうえでは、「100万円を超える高額なクルマを、自分なんかが売って良いのだろうか?」と悩んでいた時期がありました。納得できるまで少し時間は掛かりましたが、いろんな方からのアドバイスが今につながっています。

入社当初の頃からここまでの経験を通じて、今では営業の仕事の魅力が理解できてきたと感じています。ここ数年は、営業活動への取り組み方の違いが、成果の違いに結びつくことも実感しています。コトバは悪いですが、そうやって一つひとつの取り組みを頑張ることが「稼ぐこと」につながっているのです。そして最近では、「自分が売ること」だけでなく、「店舗として」という部分にも目が向くようになりました。我ながら成長したなと思いますね。

Special Interview 04滝川店から小樽店への異動を経験したことが、自分にとって転機となりました。

小樽店 カーライフアドバイザー 佐藤 裕次
2012年入社/釧路公立大学 卒

小樽店 カーライフアドバイザー 佐藤 裕次

私は秋田県出身です。大学時代に北海道に来て、就職活動も北海道で行いました。ダイハツ北海道販売は、「大きな金額の製品やサービスを扱う仕事」、そして「人との関わりを持つことができる仕事」という私自身が就職活動で軸としていた点とマッチしていたことから志望しました。あわせて、他社にはない、フランクで温かいイメージの社風にほれたことも、志望理由のひとつかもしれません。

入社後の配属先は滝川店でした。滝川店は、営業職としての私の原点だと思っています。配属直後こそ、緊張感から自分らしさを出せずにいましたが、そんな私を辛抱強く育てていただきました。そして、3年経ってここ小樽店へと異動しました。地域が変わればお客様が変わります。そうした変化が、私にとっては大きな転機となりました。私はそろそろ中堅となります。後輩たちの良いお手本となっていきたいですね。

Special Interview 05「人と関わる仕事に就きたい」と考えていたから、この仕事と巡りあえた。

江別店 カーライフアドバイザー 安田 彩花
2015年入社/札幌国際大学 卒

江別店 カーライフアドバイザー 安田 彩花

学生時代の私は、クルマには全く興味を持っていませんでした。その私が、ダイハツ北海道販売というカーディーラーに就職すると話すと、家族や友人が「大丈夫?」と心配していましたね。もともとは、ホテル業界など、接客の仕事に就きたいと考えており、当社のこともその延長線上で考えていました。いってみれば「人と関わる仕事がしたい」と考えていたからこそ、当社と「出会うことができた」ということですね。

ダイハツ北海道販売という会社は、就職活動中から「アットホームな会社だ」と感じていましたので、とても気に入っていました。でもさすがに、クルマの知識が全く無いまま入社したので、入社直後は「どんな仕事をするのかもわからない」という状態でした。課題はまだまだたくさんありますが、自信とお客様からの信頼を徐々に得られてきていると感じています。そして、お客様との〝距離が近い〟ことが、この仕事の魅力だと感じはじめています。

社員インタビュー

ダイハツ北海道販売の「職場環境「や「働きやすさ」に関することを聞いてみました!

Special Interview職場環境を知る

  • e-yoshida
  • e-watari

    渡 美沙

    白石中央店 店長

  • e-sakata

    坂田 直也

    小樽店 店長

  • e-miyamori

    宮森 達也

    白石中央店 係長

  • e-umetani
  • e-ishibashi

    石橋 朋也

    総合営業企画部

就職情報サイト(ナビ)もぜひご覧ください。

企業情報、募集要項、職種・先輩社員メッセージ情報など、下記の就職情報サイトもぜひご覧ください!

マイナビでエントリー
就活ナビでエントリー