Staff Interview

ダイハツ北海道販売社員インタビュー

Staff Interview ダイハツ北海道販売社員インタビュー

営業

  • 営業
  • 2013年入社 北斗店(現在:北斗七重浜店)
  • 函館大学卒
  • 近藤 佑美

(※文章中の所属・担当・役職等は取材実施時点の内容です)

プロフィール

出身、大学ともに函館。就職活動では、札幌と函館に勤務地がある会社を探した。就職活動当初こそ札幌勤務が希望だったが、「いずれは函館に戻って働ければ」と考えていたため、配属先が函館に決まったことにはすぐに納得することができた。それ以上に「好きだと感じていたこと」が仕事になり、「好きになった会社」で働ける喜びが大きかった。

なぜ、ダイハツ北海道販売に?

好きなことって何だろう? と考えた結果、
ダイハツ北海道販売との出会いが生まれました。

私の出身地は函館。大学も函館でしたので、就職活動を始めるに当たって「札幌で働いてみたい」という希望を持っていました。ただ、いずれは「函館に戻って働けたら」という気持ちもありました。そのため、札幌に勤務地があり、函館にも勤務地がある企業を中心に就職活動を進めていました。

ですが、勤務地だけでは志望企業を絞り込むことができず、他のキーワードを探していたんです。そこで考えたのが、自分にとって「好きなことって何だろう?」ということでした。

私は大学時代からクルマを持っていて、週に1度は自分で洗車をするほど「クルマのある生活が好き」でした。そこに気づいてからは、カーディーラーに絞り込んで就職活動をするようになりました。そうして出会ったのがダイハツ北海道販売です。

就職活動をしていた当時、ダイハツ北海道販売では、私は夜行バスを使って函館から札幌での説明会や面談、面接に参加している事を気遣っていただいたことが、強く印象に残っています。他社も受けていたのですが、私が夜行バスを使って参加していることを覚えていてくださり、気遣ってまでいただけたのはダイハツ北海道販売だけでした。

こうした温かさや気遣いなどは、そのまま当社の企業カラーでもあると思っています。「好きなこと」と合わせて、「好きになった会社で働きたい」と感じたことが、ダイハツ北海道販売への就職を決めた一番の理由です。

仕事の楽しさとは?

こだわっていきたいのは、仕事を楽しむこと。
そして、お客様との信頼関係を築いていくことです。

同期入社した社員の大半は札幌勤務ということもあって、同期と会って話す機会はめったにありません。でも、たまに電話、年に1、2度会った際には、やはり「営業実績」という話題が出てきます。営業スタッフ同士ですから当然のことだと思いますし、やはり実績にこだわりを持つことも重要なのだと思います。

ですが私には、営業実績以上にこだわっていきたいと思っていることがあります。それは「仕事を楽しむこと」です。

私が考える「仕事を楽しむためのポイント」は、やはりお客様と接すること。クルマに関するご相談などの接客です。最初は硬かったお客様の表情が少しずつ和らいでいく感覚。心を開いてくださっているのかな? と思える瞬間がうれしいですね。

そうしてお客様との信頼関係を築いていくと、お客様の側から新たなお客様をご紹介くださったり、ご家族用のクルマをもう1台お求めいただけるようなったり。私は9年以上この仕事を続けていますので、最初の頃のお客様の小学生だったお子様が、いつの間にか「高校生になった」と伺って驚くことなどもあります。驚くと同時に、暖かい気持ちになるのが不思議ですね。

こうした感覚を味わえるのは、お客様との長いお付き合いを築き上げられる「クルマという商品」を扱っているからこそだと思っています。

仕事へのモチベーションとは?

北斗店の一員として、店舗の目標達成に貢献していきたい。
これが私の目標であり、モチベーションの源です。

先ほど「営業実績以外にこだわっていきたいことがある」とお話ししましたが、これは「営業実績にはこだわっていない」という意味ではありません。お客様との信頼関係を築くことができれば、その結果として営業実績に結びついていくと思いますので、営業実績にこだわるのであればあるほど、「お客様との信頼関係を大切にすべき」という考えなのです。

ここ北斗店のメンバーとして、店長をはじめとする私たちスタッフ全員で「目標達成」に向かっていくのですから、最低限の責任として、私に割り振られた目標達成にはこだわりを持ち続けていきたいと考えています。

ですが、時には目標に届かず落ち込むこともあると思います。そんなときに支えてくれるのが、北斗店のメンバーです。

北斗店では、たとえば目標に届かなかったとしても「なぜ、達成できなかったのか?」と問うのではなく、「次につなげるためにはどうしたら良いか?」という未来志向でメンバーを引っ張ってくれています。そうした環境に甘えるのではなく、店舗メンバーの一員、一人の営業スタッフとして「北斗店の目標達成に貢献していきたい」というのが私の思いであり、達成すべき目標、私にとってモチベーションの源となっています。

モチベーションを保ちながら目標に向かうことができるという、働くうえではとても重要な環境が整っていると思います。皆さんにもぜひ、この環境に飛び込んで来てもらいたいと思っています。

メッセージ

カーディーラーでの営業の仕事は「クルマを売ること」というイメージが強いかもしれません。もしかしたらそれは、「買っていただけるよう強く勧める」というニュアンスのイメージではありませんか? でも実はそうではなく、いかに自分自身という人間を信頼していただくか、「この人からなら買っても良い」と思っていただくかが重要。その実現のために取る行動が「営業活動」なのだと思います。このニュアンス、多くの皆さんにお伝えしていけたらと思っています。

ダイハツ北海道販売社員によるスペシャル座談会

ダイハツ北海道販売の人材育成制度

人材育成制度
Training System

人事評価・等級制度

ダイハツ北海道販売ではキャリアアップの指標となる「等級制度」を導入し、
人材育成、人事評価等を行っています。

主な特徴とメリット

サンプル

よくあるご質問にお答えします

FAQ一覧